海外へ移住するときに銀行の口座はそのままでいいのか?

スポンサーリンク

結論

銀行に海外で居住をすることを伝えなければ
銀行口座をそのままにすることができます

銀行は
お客さんが海外に長期間行っていることを知るすべはありません

唯一あるとすれば
お客さん自身から
海外へ長期間行くということを聞くことです

 

やらないほうがいいこと

銀行員に海外に長期間海外にいくことを言う

これはやらない方がいいです

なぜなら

銀行での一部サービスが使えなくなる可能性があります

また

銀行口座を課税口座から非課税口座に変える必要が出てきます。

銀行の手続きを一部制限されるとき

 

銀行は不定期に郵送物を
お客さん宛に送付します。

もし
あなたが日本国内に郵送物を受け取れる
住所がなかった場合には
銀行から送られてきた郵送物は
銀行に戻ってきます。

その場合
銀行でできる手続きは一部
制限される可能性があります。

 

対処法

もし、実家で郵送物を受け取ってくれる住所がある場合には
実家の住所を郵送物を受け取る住所にしましょう。

転送不要以外の郵便物であれば
実家で郵送物を受け取ることができます。

そのため
あなたは銀行手続きの一部制限されることを回避することができます。

投資信託・株を売却しなければならない

会社にもよりますが
運用商品は基本的に売却しなければならにことが多いです。
非居住者の方にはあまり運用をしてほしくないということが
金融機関の本音です

なぜなら
海外から金融機関のインターネットサイトに
アクセスしようとした場合に
海外からのアクセスは金融機関から拒否されたりします

また
金融機関からお客さんに
取引に関わる重要事項や
取引に関わる手続き変更を金融機関からお客さんに伝えることができない
金融機関からお客さんにセールスができない

等々、金融機関からお客さんへのデメリットがたくさんあります。

そのため金融機関は海外からの運用をあまり推奨しません。

 

銀行で配布する【カレンダーの傾向】と【カレンダーをもらう確率を上げる方法】を公開!…

 

銀行員の立場

お客さんから

長期間、海外にいくことを聞くと

必ず課税口座から非課税口座に変更しなければなりません。

しかし

銀行員からすると

 

課税口座から非課税口座へ変更するオペレーションが増える

 

また、

慣れないオペレーションだと事務ミスを起こす可能性がある

万が一、事務ミスをすると支店の実績にマイナスに影響したり

事務ミスのリカバリーの上司や先輩の多大な時間を費やすことになります。

 

そして課税口座から非課税口座へ変更しなくても

クレームに繋がるケースはほぼないです。

運用商品をもっていた場合は別

 

そのため

銀行員も海外長期居住者からの

海外に移住しますは聞きたくありません。

 

まとめ

正式な手続きは

銀行へ海外移住することを伝えるが

ただしいことでです

ただし

銀行内部での実情は

この記事の内容になることが多いです。

あくまでもこういったケースがあるということを

この記事を読んでいただいた方には

理解していただけるとありがたいです。

 

 

 

 

スポンサーリンク