銀行員は性格が悪いのかを徹底検証!【元バンカーが執筆】

銀行員は性格が悪いという噂

銀行員の うわさ

「銀行員は性格が悪いのか?」という疑問について、この記事では深堀りします。

まずは多くの人が持っている「銀行員は性格が悪い」という先入観について考えてみましょう。

銀行員は、お金や財務に関する専門的な知識や技能を持ち、顧客のニーズに合わせたサービスを提供することが求められます。そのため仕事上、ノルマや人間関係で気が病みます。ましてや、銀行員が出世をするには他人を蹴落とさないといけません。そのため、銀行員の一部は「性格が悪い」といわれることがあります。

この記事では銀行員は性格が悪いといわれる事例について検証します。

最終的に銀行員が性格が悪いのかとうかは各自でご判断ください。

 

記事の執筆者
10年以上の銀行員経験を持ち、メガバンクで資産運用から金融商品の提案・販売まで多岐にわたる業務を経験。証券外務員一種二種に合格し、ファイナンシャルプランナーとして1000件以上の相談に対応。今までに1000人以上の銀行員をみてきました。

 

銀行員 他人を見下す

他人を見下す タイプ

他人を見下す態度は、傲慢で自己中心的な態度の中でも、特に職場で問題となる態度のひとつ。

他人を見下す態度を取る行員は、自分が上位のポジションにいるという自負心から、下位のポジションにいる同僚や後輩を見下し、そっけない態度をとったり、軽視することがあります。

このような態度があると、他人を見下す行員と関わる他の行員やスタッフさんたちとの人間関係が悪化する可能性があります。見下された行員は仕事を協力しづらくなり、結果として、チームワークに悪影響を与えます。また、見下す態度を取る社員が上司である場合、部下たちのモチベーションを下げ、仕事への意欲を減退させることにつながります。

さらに、このような態度が続くと、職場全体の雰囲気にも悪影響を与える可能性があります。他の社員たちも見下す態度をとるようになり、職場全体の協力関係が崩れることになります。ひとりの行員が対象となり、その対象になった行員は働きづらくなることも。

これは、企業の組織文化にも悪影響を与え、組織の成長や発展を妨げる原因になる可能性があります。

このような問題を防ぐためには、社員たちが互いに尊重し合い、意見を出し合える環境が必要。上位のポジションにいる社員たちは、下位の社員たちの意見やアイデアに耳を傾け、共に協力して仕事を進めることが重要です。それによって、職場全体の雰囲気が良くなり、企業の成長につながります。

 

銀行員は学歴が高く、プライドが高いとおもわれがち。

【関連記事】

銀行で経験する難題や仕事の大変さをまとめました。

自分の業績を自慢する銀行員

自慢

自分の業績を自慢する態度は、他の人よりも自分の成果を優先するケースがあります。このような態度を取る行員は、自分が同僚よりも優れていると考え、その考え方を示すために自分の業績を自慢します。

このような態度は、職場での協力関係を乱し、組織全体の目標達成に悪影響を与える可能性があります。自分の業績を自慢する社員は、他の社員たちと協力することを軽視し、自分自身の業績を優先するため、チーム全体の業績が低下させることがあります。また、自分の業績を優先するために、他の社員たちとの協力関係を断ち切ってしまうことも。

さらに、自分の業績を自慢する態度は、同僚との信頼関係を損なうことも。自分の業績を強調する行員は、同僚から嫌われることがあり、協力関係がうまくいかなくなる可能性があります。また、このような態度を取る行員にとってもマイナスに影響することも。

それはリーダーシップ能力に欠けるという印象を与え、上位のポジションに昇進しにくくなることがあります。

自慢話に興味はありません

 

他人を常に否定する

否定

失敗に対して厳しい
ひとりの行員が失敗したときに、厳しい態度をとる場合があります。このような態度をとる行員は失敗に対しても常に否定的な見方をしてしまい、それが他の行員のモチベーション低下や不安感を引き起こすことがあります。
「ミスをしたとはいえ、ネチネチとミスについて言われるのは嫌ですね」

これらのような否定的な態度は、職場での人間関係を悪化させ、協力関係を乱す可能性があります。社員たちは、否定的な態度をとらず、相手の意見や提案に対して建設的なフィードバックを行うことが大切です。また、社員たちは、自分自身や他人に対して過度な期待を抱かず、失敗に対しても前向きに取り組むことができるような環境づくりをすることが必要です。

 

このような人には近づかないようにしましょう。でも、仕事上関わらないといけないことがあるから、避けては通れないんだよね。
早く転勤したい。

【関連記事】

あなたの性格は銀行員向き?性格チェック!

 

他人を叱責する 怒りっぽい

叱責怒りタイプ

他人を叱責する 怒りっぽい人は、他人のミスや不手際について、感情的になって叱責することがあります。このような行動は、相手を傷つけたり、職場の雰囲気を悪化させる原因となります。

  1. 機嫌が悪い時には誰にでも当たる 怒りっぽい人は、自分自身が機嫌が悪い時には、誰にでも当たってしまうことがあります。このような行動は、相手に対する信頼感を損ない、職場全体のモチベーションを低下させる原因となります。
  2. 業務上の問題に対して感情的になる 怒りっぽい人は、業務上の問題に対して感情的になってしまうことがあります。このような行動は、冷静な判断力を欠いたり、業務上の課題を解決するための集中力を低下させる原因となります。

一昔前は上司が怒ることは日常茶飯事でした。今はそのようなことは減っています。

上司もストレスが溜まる

失敗を他人のせいにし、責任を取らない

責任押しつけ

失敗を他人のせいにし、責任を取らない人は、支店でこのような行動や言動をする傾向があります。

  1. 責任を回避する言動 失敗した際に、「自分が悪いわけじゃない」といった言い訳をし、自分自身の責任を回避。また、他人の責任を必要以上に責めることで、自分自身を正当化しようとする。
  2. 責任を転嫁する行動 失敗した場合に、他人に責任を押し付ける傾向があります。具体的には、他人に指示されたことをやった、他の人のミスが原因だったなどの言い訳をします。
  3. 責任を取ることに消極的な態度 失敗に対して、責任を取ることに対して消極的な態度をとり、対処に時間がかかることがあります。また、責任を取ることで、自分の評判や信用が傷つくことを恐れ、問題から逃げることがあります。
  4. 成長の機会を逃す 責任を回避し、失敗について真剣に向き合わないことで、自己成長の機会を逃すことがあります。失敗から学び、改善することで、自己成長を促すことができますが、責任を取らない人は、この機会を逃してしまうことがあります。

以上のように、責任を取らない人は、職場でネガティブな影響を与えるケースが多々あります。職場においては、責任を取ることの重要性を理解し、責任ある行動を心がけましょう。

「銀行員は減点方式だから、責任を他人に擦り付けられたら自分にマイナスがつかない」という思想。

職場での噂話や陰口を言うこと

uwasa

職場での噂話や陰口を言うこと

  • 他人のプライベートな情報を職場で共有する
  • 他人の仕事内容について否定的なことをいう
  • 他人の行動や外見について悪口を言う
  • 他人に対して噂話を広める
  • 他人の欠点や失敗について話す
  • 他人の秘密を暴露する

「なんでそんなことを知っているの?」

「誰にも言わないなら教えてあげる」

「また○○さんが事務で事故を起こしたらしいよ。どうしようもないね」

「あの人の趣味は○○なんだって。信じられないよね」

等々、噂が飛び交います。

噂を広めている人も、陰では噂を囁かれていたりと、気の休まらない職場もあったりします。

銀行員は性格が悪くなる

せいかくわるい

銀行員は性格が悪くなる仕事なのでしょうか。

一般的に、人が性格が悪くなる状況は、このような例が挙げられます。

  1. ストレスがたまっているとき:人は、過剰なストレスを感じるとイライラや不安などの感情が高まり、行動や判断力に影響を与えることがあります。これにより、普段と異なる行動を取ることがあり、性格が悪くなることがあります。
  2. 疲れているとき:睡眠不足や過剰な仕事などにより、疲れがたまると判断力や気力が低下し、イライラやミスが増えることがあります。他人のミスや部下のミスで仕事が滞ると、疲れがより増え、怒りっぽくなったり、攻撃的になる場合があります。
  3. 不満やストレスを持っている状況で、同僚と衝突した場合:職場での人間関係にストレスを感じ、コミュニケーションが上手くいかない場合、人はイライラや不満を募らせることがあります。そのような状況で、自己防衛のために攻撃的な態度を取り、性格が悪くなることがあります。

これらの状況は、その人が本来持っている性格を歪めることがあります。したがって、適切なストレス解消法を見つけたり、適度な休息や運動をすることなどでストレスを軽減する必要性があります。

上記の①~③は銀行員として仕事をしているうえで、ありがちな状況です。

人員が減っているおかげで、ひとりあたりの仕事量も増えているのでストレスがかかりやすい状況となっています。

やさしくて、周りから好かれるような正確な同僚は精神的に病んで退職したよ。
自己保身から、他人にマウントを取るようになって、性格が悪くなったといわれる人もいるね。
【関連記事】

まとめ

記事を書いているととても気分が悪くなる内容でした。

今回の記事は負の部分ばかりを集めた記事のため、銀行員に対してよくない印象かもしれません。

性格がいい銀行員はたくさんいます。銀行員は異動が頻繁なため、良い職場、良い上司・同僚にあたると幸せな日々が待っています。

error: Content is protected !!