銀行員はブログを始めるべきか!?メリットとデメリットを徹底比較

スポンサーリンク

結論 

私の意見としては現役銀行員のブログ作成(収入目的や銀行ネタを使うこと)はおススメしません。

以下ではそのメリットとデメリットを説明していきます。

メリット

・本業以外で収入を得ることができる

ブロガーやアフィリエイトを生業としている方には

ブログを本業として年間で数千万円や巣数百万円を得ている人
副業でも数百万円、数十万円を得ている方もいます。

ブログで収入を得る方法に
グーグルアドセンスのようにブログを見てもらうだけで収入に繋がる方法もあります

またアフィリエイトのような
自分自身でユーザーに買ってもらいたい商品を選定して
商品を紹介をする文章をつくる方法があります。

銀行員は融資時の文章作成、運用商品の販売後の文章作成で
日頃から論理的でわかりやすい文章を作る能力に長けている方が多いです。

そのため自分自身の文章力を活かして
ブログを始めることは長所となります。

・ブログ記事を書きやすい

経済情報や世間話の引き出しが多い
支店に勤務する銀行員は少なからず
お客さんと接触する機会が多いです。
そのため仕事に直結する日経新聞に載っている話題。
お客さんとうちとけるためのワイドショーの内容やお客さんが興味がある内容に関して熟知しています。
お客さんが興味がある事柄は一般的に興味がある内容でもあります。
これらを下地としてWEBや週刊誌等で情報を上乗せすれば
ブログの記事を簡単に書くことができます。

目次 1 銀行員として働く主に新人さんや新入行員、就活中の皆様へ1.0.1 出社時間は上司より早く!1.0.1.1 対策…

・終業時間が年々早まっている

早く帰宅できた時間の活用

行や他の業種を含めて残業時間と残業代の圧縮につとめています。
そのため数年前よりも銀行で仕事を終えて自宅に帰る時間が早くなっている方も多いと思います。
その空いた時間を使ってブログの立ち上げやブログ記事の作成をするにはピッタリです。
銀行としては残業時間以外で
銀行員が本業に役立つ資格取得や鬱にならないようにレジャーをおこなうことで
銀行の収益体制のスリム化に繋がる?ということになります。
しかしこの時間を自分自身のサブインカムをつくるためのブログ作成に費やすことはメリットとも言えます。
実際に銀行員の時代からブログを書いていて
銀行を退職後にブログを主体として収入を得ている方もいます。
いつの日か副業が本業を上回るかもしれません。

・アウトプットで知識の定着を図れる

自分が仕事や資格取得で学んだ内容を
ブログで書くことによって
得た情報を周囲に教えるということで
自分自身の知識の定着化につながります。

カーピック博士の検証においても
物事の学習にはインプットよりもアウトプットを行う方が記憶の定着に繋がるというデータも出ています。こちらのブログにてとてもわかりやすく説明されています
https://learningbox.online/2020/11/09/blog_memory-output/

 

デメリット

・銀行の仕事情報に関してハードルが高い

WEBやSNSで仕事の内容を細かく公表できない

現役の銀行員で銀行名を出したままブログを行っているひとはあまり聞いたことがありません。

これはかなり大きい問題です。
銀行で撮影した写真をFBやTwitterに載せることによって
銀行から注意を受けたという話も聞きます。
FBは本名で繋がっていますし
Twitterも多くの人が使っています。
最初は同僚にFBやTwitterで友達になっていなくても
徐々に身バレしていきます。

度を過ぎた内容をブログに書くと情報漏えいに繋がります。
情報漏えいを出した場合には目もあてられません。

・地方税の支払いは自分自身でおこなう必要がある

副業のブログで稼いだ所得が20万円以下であれば所得の申告は必要ありませんが
地方税は所得税とは考え方が違います。
地方税の支払いは多くの銀行員の場合、会社が行ってくれますが
ブログで収入を得ている場合には
自分自身で地方税の支払いを行います。

ここでロジックが出来上がります。

副業で稼ぐ=ブログでの収入が増える=会社に副業がばれないために地方税の支払いを自分で行う=会社から副業を疑われる

副業が禁止の銀行であればこの構図になります。

銀行員は業務手続きの複雑さや職場の人間関係でとても大きなストレスを感じています。職業内や他の支店で鬱になり休職するケース…

・ブログの記事作成で睡眠時間が削られる

ブログで記事を作成するためには

記事のキーワード選定

記事の内容の下調べ

記事の本文作成

記事の装飾

記事の最終確認

と工程が多岐にわたります。

すべての工程を終えるためには数時間を要することもザラです。
仕事から帰ってきて家事等を終えてこの作業をこなすと
自然と睡眠時間をけずることになります。

資格勉強や子育てをしないといけない方が多数です。
そのような方々が最初の数か月 数年はほぼブログで収入を得る段階までいかないまま
年間で数百時間を費やすのはあまり得策ではないです。

ブログをを書くための年間で数百時間を資格勉強に費やせば
あくまでも目安ですが

宅建 約300時間
行政書士 約500時間

を取得することができます。
ブログで年間に数千円や数万円を稼ぐことを引き換えに
国家資格を取得する機会や睡眠時間を削ることは割にあいません。

まとめ

以上のことから私自身は現役の銀行員が銀行ネタを主体としてブログを書くことはおススメしません。
会社が副業を禁止している場合には会社にバレるリスクがあります。銀行を辞めて他の会社や業界に転職をしたいと考えている方は
趣味程度にブログを始めてもいいかもしれません。
そうではなく、銀行員として生涯を終えたい方は
資格勉強のための時間と仕事のパフォーマンスを最大限に上げるための休む時間に時間をつかうことをおススメします。
スポンサーリンク