【銀行のセールス断り方】電話がかかってきた時。銀行員と会う時。

スポンサーリンク

元銀行員がお教えする効果的な断り方

電話編

・電話中にきっぱりと断る

これが一番!優しさは捨てましょう!

もし「預金を運用しませんか?」というセールスを銀行員がしてきたら。

具体的なワード

「私は定期預金しかしません。運用には興味がありません」
「私のところにはもう電話をかけてこないでください」
この方法がシンプルであり短時間で終わります

この時に銀行員は
「なぜ、運用には興味がないのですか?」
と聞いてくるでしょう

この時に銀行員の話につきあってはいけません。
「結構です。もう電話をかけてこないでください」
といってすぐに電話を切りましょう。

愛想がない切り方のほうが銀行員は再度電話をしてこなくなります。

大方の銀行員はこう言われたらこう切り返すようにという
電話でのトーク内容をマニュアル化したものを練習します。

あなたが電話をかけてきた銀行員と話せば話すほど

銀行員はテンションが上がっていきます。

・・「定期預金しかしません」

上ではさらっと説明しましたが
「定期預金しかしません」
という言葉は
運用を紹介したいと思っている銀行員にとっては
とても痛い言葉なんです。

詳しくは割愛しますが
後々、もし銀行員が
あなたに運用商品を提案する場面があったとすると
「定期預金しかしません」という言葉が
運用商品を販売する際の手続きにとって大きな障壁になります。

銀行のルールとして預金しかやらないお客さんに運用商品を販売してはいけないことになっているからです。(一部運用商品を除く)

また
定期預金では銀行と個人の実績にならないので
銀行担当者はセールスする気が失せます。

そのため
「定期預金しかしません」という言葉はパワーワードです。

たまに・・・

最近では定期預金しかしないお客さんに
運用商品を提案できる
運用のリスクを下げた商品がでてきています

このキッパリと断る方法でもセールスから逃れられない場合もあります。
しかし大抵のケースで
キッパリと断る
すぐに電話を切る
これだけで十分な効果がでます。

ぜひ試してみてください。

 

 

・攻撃的に断る

フレーズ

「本部にあなたのことを連絡しますよ。私のところには電話をもうしないように記録にも残しておいてください」
これを銀行員が言われたらきついです。銀行員は速攻で電話を切ります。
電話セールスで苦情に繋がったら、銀行員は多大な時間をクレーム処理に費やさなければなりません。
そのためこの方法は効果があります。
ただし副作用として
銀行員が責任感が強かったり
あなたの言い方が強すぎると
あなたとの電話が終わった後に
銀行員の上司から謝罪の電話があるかもしれません。
(極稀ですが・・・)
そのためこの方法をとる場合は

高圧的に言うよりも
穏やかな声で言ったほうがいいと思います。

・電話番号が変わったことを銀行に伝えない。

携帯電話を変えた場合

銀行へ届け出電話番号をあえて伝えない。
こうすることで銀行員はお客さんに電話を掛けられなくなります

 

基本的に銀行からお客さんへ電話をかけるケースは
セールスもしくは店頭で手続きをした際に不備が出た時に
銀行員がお客さんに電話をかけるケースが多いです

また時々、銀行から届け出の
電話番号に電話をかける手続きがあります。
そのためこの方法を行うとあなたが困ることがあります。
例えば

最近はインターネットでの手続きが増えているため
銀行への届け出の電話番号に
銀行から電話をするるケースがあります。
こういった時には銀行への届け出電話番号が正しくないと

手続きをすることができなくなってしまします。

・効果が薄い方法

銀行からかかってきた電話を取らない。
これも間違ってはいませんが、
数回、銀行からの電話を取らなかった場合でも
数か月後に、銀行からセールスの着信があるはずです。
そのため、銀行からのセールス電話を一切なくしたい方には
この方法は最適な方法とは言えません。

・銀行員と会話を続けない。

銀行員と話をし始めると何気ない日常会話から
徐々に情報を引き出され
運用の話に結び付けられます。

・自分の情報を伝えない

銀行員と話を続けてしまうと
家族の情報、自宅にいる時間、電話を取れる時間等を聞かれることがあります。
もしくは
自然に話の流れで自分の情報を話すことになります。

なるべく避けましょう。

・うやむやな回答をしない

「運用するかは家族い相談してから・・・」
「今は忙しくて話している時間がないからまた後でね・・・」
「運用は今じゃないけど・・・もう少し先かな・・・」

うやむやな返答を銀行員にすると
銀行員は微かな希望をもって
再度、セールスの電話をかけてきますので
ここはきっぱり断りましょう。

多くのお客さんは電話口でセールスを断る。
銀行員はお客さん断れる経験を
星の数ほどしています

そのためあなたが断ることは銀行員にとって大きなことではありません。
お互いの時間のためにきっぱりと
断ってあげましょう。

・銀行員は見込みがなさそうなお客さんには電話をしない。

銀行員は電話しないといけないお客さんが多数います。
そのため見込みがなさそうなお客さんであればすぐに電話を終えて

次のお客さんに電話をかけます。
きっぱりと断ってあげましょう。

・銀行員はトラブルになりそうなお客さんには電話をしない。

銀行員はトラブルを嫌がります。
トラブルになることがあれば
本部への報告や
上司への対応依頼
業務時間をトラブル対応に費やすことになる。
そのためトラブルに発展しそうな場合には
銀行員はすぐに電話を切ります。

銀行担当者と直接会ったときの断り方

実は銀行員と会う約束をして
あなたが銀行員と会ってる時点で
すくなからず銀行員はあなたが
運用商品を買ってくれると考えています。

そのため
この時点で銀行員に対する優しい断り方とは少し離れますが
あなたは銀行に預金をしている立場なので
決して気にする必要はありません。
銀行員と会ったときに
なるべく早くセールスを断り、銀行員があなたと会う時間をすくなくしてあげましょう

アポイントをキャンセルする

できるだけ早くアポイントをキャンセルしましょう

そもそも

銀行員はなにかしらの
セールスをするために
あなたに会います

会う以上
銀行員は商品提案を必ずします
そのため
あなたが初めから商品を提案されたくないのであれば
まっさきにアポイントをキャンセルしましょう。
これは
銀行員にとってもプラスなことです
銀行員はあなたとの面談に対しての事前準備や
移動時間、日誌の作成等の時間がなくなります

 

断りフレーズ

ネット証券のほうが手数料が安くて商品の数が多い

これは紛れもない事実です
銀行の運用商品の多くは証券会社に及びません

子供に運用はするなと言われている

この言葉を言われると高確率で銀行は手を引きます

仮に
銀行員があなたの運用商品を販売したあとに
子供からクレームが銀行に入ると
問題に発展するからです

 

このお金は大事な生活するためのお金です

老後の生活資金だから運用商品で損をすることができない

これは良識のある銀行員にってよく効く断り文句です

 

他の銀行の担当者がとても親切

他の金融機関との担当者との仲の良さを
思いっきりアピールしましょう
銀行員はお客さんが他の金融機関の担当者と
大変仲良くつきあっていることを上司に
伝えることができます。

他の県に引っ越しをします

本当に他県へ引っ越す場合には大変有効な断りかたです

ただし
他県へ引っ越していないと
数年後に銀行の担当者から
なぜ引っ越しをしていないのですかと
聞かれることがあります

損をしているときでもちゃんとフォローしてくれる?

銀行の担当者にもよりますが
相場が悪くなったときに
相場のフォローがない担当者もいます
そんな担当者には
この言葉が効きます

元本保証じゃないとやりません!

これはパワーワードです
ただし
銀行員が事前に元本保証ではない商品をあなたにすすめますと言った後で
面談になった場合には
銀行員は気分を害することがあります。
もし優しい断りかたをするのであればこの方法はやめましょう。

まとめ

きっぱりと断りの言葉を言う
これにつきます。
断るのが苦手という人もいるかもしれませんが
きっぱり断らないと銀行員も余分な時間を費やすことになります。
心を鬼にして対応しましょう。
スポンサーリンク