【年間139日】銀行員の休日は少ない?多い?

銀行員の休日は年間 「137~139日間」

基本プランの休暇

土日祝日年末年始有給休暇
120日間2~4日間15日間

他の休暇 

長期勤続年数による休暇
5日間

土日と有給休暇を考えると

年間137~139日間の休暇も可能です。

採用の募集要項をみると銀行によっては長期勤続休暇をとることができます

同じ年に2回、連続休暇がとれるイメージですね。

 

全体の傾向としては有給休暇の取得日数は年々増加傾向。

 

この他にも

  • 産前産後休暇
  • 育児休暇
  • 慶弔休暇
  • 介護休暇

があるため、銀行は休暇が多い印象です。

 

カレンダーや制度で決まっている休みだけではなく

  • 子供が熱をだした
  • 自分が出勤の朝に熱をだした

といった場合にも有給休暇を取れるため

銀行は柔軟に働ける場所と言えます。

土日祝日

カレンダー通りに休めます。

  • 土曜日
  • 日曜日
  • 祝日

カレンダー通りに休めますが、支店によって休日出勤があります。

休日出勤

休日出勤するのは営業部署の行員。

  • 法人営業
  • 個人営業(住宅ローン・投資信託や保険販売担当者)

窓口勤務の行員は休日出勤しません。

頻度

月に1回、多い時は月に2回の休日出勤があります。

ただ、安心してください。

休日出勤した場合には振替休暇を取れます。

人によっては普通に土日に休みを取るよりも

平日に振替休暇を取ったほうが

「テーマパークや飲食店が混んでなくていい」

と、あえて休日出勤を希望する行員もいました。

 

30歳で年収1,000万円欲しいですか?銀行ではその理想を叶えられます。就職活動中の大学生や新卒の方に、銀行の年収を知っ…

有給休暇

  • 1日間だけの休暇
  • 5~6日間 連続した休暇
  • 土日に繋げた休暇
  • 誕生日の休暇
  • 記念日の休暇

表にある有給休暇を合計して15日間程、年間で有給休暇を取得していました。

有給休暇の日数は従業員組合から目安の日数が伝えられます。

この日数はあくまでも目安。

何日間、休暇を取るかは支店の方針によります。

休暇が取れる支店は多く、

休暇を取りづらい支店は休暇が少なくなります。

連続休暇

  • 月・火・水・木・金曜日 連続した5日間の休暇
  • 月・火・水・木・金曜日 連続した5日間の休暇+月曜日もしくは金曜日に1日休暇
連続休暇は銀行員の特権

連続休暇はいつでも取ろうとすれば取れますが

年度の始まりや期末月は連続休暇を取りづらいです。

  • 年度の始まり 4・5月
  • 期末月 9月・3月

 

また、金融庁ホームページ

「主要行等向けの総合的な監督指針」等の一部改正(案)の公表について

にこのように書かれています。

3.過度に細かく特定の方法を記載する等行き過ぎたルール・ベースとなって、金融機関における創意工夫を妨げている規定等の見直し(※2)
(※2)人事ローテーションや職場離脱制度(最低限年1回、1週間以上連続して離脱)等、
特定の方法を定めている記載を削除。等

出典:金融庁

 

 

後日の文書には

Q:人事ローテーションや職場離脱のルールの取り扱いについては、例えば別の方法で事故防止を図れば、各行の判断で良いという理解で良いか

A:貴見のとおりです。

出典:金融庁

「コメントの概要及びコメントに対する金融庁の考え方」

 

金融庁の考えは連続休暇を利用した職場離脱は必須ではないとしています。

けれど、銀行では引き続き連続休暇を取得可能となっています。

 

「新入社員」や「就活生」必見!!SNS禁止ルール・出勤時間等の「あるある」を説明しています。先輩たちが感じる「大変さ」を…

年末年始

年末年始の休みは

12月31日~1月3日

 

土日がうまくかみ合うと6連休が実現!

法人部署や本部に在籍する方は年末年始に有給休暇をとり、7連休・8連休という休みにします。

有給休暇の取得率が低い法人部署は年末に思いきり休みます。

取引先である企業が休みなので

法人部署は年末に休んでもほぼ問題ないです。

銀行の現場の声

年末は土日の休みと年末年始の休みが重なって○連休になるよ!すごい休めるじゃん!」

という会話で盛り上がります。

証券関係を部署も年末年始に連休

海外はクリスマス休暇のため主要な市場がしまります。

お客さんも年末は取引をあまりしません。そのため証券会社から出向している人は年末に休暇を取る方が多くいます。

 

年始の職場の空気はゆるい

年始は同僚や上司と顔合わせするぐらいです。

「今年もよろしくお願いします」という挨拶を年始に初めて会う人とします。

この緩い雰囲気は正月ならではです。

担当先のお客さんで1月4日から銀行に来る人はほぼいません。

お客さんで正月にも銀行員と会いたい人はごく少数ではないでしょうか。

支店内でも、初日くらいは外回りしなくてもいいんじゃない?という声がちらほら聞こえます。

そのため年始の仕事量は少ないといえます。

営業しないかわりに終日事務作業をしてました。

窓口担当者は年末年始に休暇をとれない!?

銀行の窓口担当者は年末年始に有給休暇をとるべきではないです。
年末年始は窓口がたいへん混みます。そのため、窓口担当者は年始に出勤してもらいたいと思われています。

どうしても休暇を取得しないといけない事情があれば別です。
そうでなければ、なんとなく年末年始に休暇をとるのはやめましょう。

年末年始は異例手続きがおおい!?

普段銀行にくることができないお客さんが年末年始に支店にきます。
そのため、何年も寝かしたような熟成手続きが年末年始に多くみられます。

そうなった場合、ひとりの担当者が手続きに多大な時間を使い
他の窓口担当者が普段よりも多い来店客をさばきます。

年始は帰宅時間が早い

銀行員の多くが年始は早く帰りたいと考えます。
そのため仕事をさっさと片付けて早く帰ることが暗黙の了解となっていました。

早く帰れないときもある・・・

年号の変更

1月1日から新しい年号が始まる場合、お客さんに書いてもらう用紙を新しいものにかえなければなりません。

 

お盆

お盆の時期に銀行員は休めません。

カレンダー通りに支店を開けないといけないため

お盆休みはありません。

人によっては地方の実家に戻るため、お盆に連続休暇を取ることがあります。

お盆の時期に連続休暇を取りたい方が数人、固まることがあります。

人員のやりくりや人間関係でぎくしゃくしないために早めに計画をたてましょう。

産前産後休暇

もちろん銀行で産前産後休暇を取得できます。

法律に則って産休を取れるものの

産前のお腹が大きい状態で

朝の電車出勤・イスから立ったり座ったりを繰り返すことは

からだに負担がかかる印象です。

まとめ

年間休暇日数は137~139日がひとつの目安になります。

働く銀行・部署の方針・時代の流れにより

有給休暇の取得日数が変わってきます。

銀行に就職しようかと考えている大学生や

銀行に転職しようと考えている社会人の方は参考にしてください。