金融や銀行に向いている人・向いていない人とは?

スポンサーリンク

銀行に向いている人

責任感が強い

責任感が強い人は与えられた目標をクリアできる人です。
どんなに高い目標でも責任感が強いと
与えられた目標に対して対策を練ります。

どうしたら目標を達成するための案件を増やせるか?
成約する確率を高くするにはどうしたらいいか?
お客さんから継続的な成約をもらえるにはどうしたらいいか?

等々を真剣に考えます。
目標がどんなに高くても目標を達成するために全力を尽くします。
そのため責任感が強い人は結果として与えられた目標をクリアして
出世する人が多いです。
そのため責任感が強い人は銀行に向いています。

 

お金の計算に細かい

食事や飲み会の会計でお金の計算に細かいことは銀行員としてメリットです
例えば友人と食事や飲みに行ったときに
割り勘で1円単位まで計算するひと。
プライベートの食事や飲み会の会計で1円単位まで計算する人は
友人から煙たがれる反面、銀行で実務を行う上で大事なスキルになります。

銀行において役立つ状況

営業の成績で計算が間違ってはならない

銀行で営業を行い、お客さんになにかの商品を申し込んでもらった場合
その営業成績は自分自信の評価に直結します。
この営業実績の計算に対して実績が少しでも間違っていると痛い目にあいます。

期が終わって自分の成績が100%に達したのと99%で終わったのでは天と地との差があります

営業実績の計算は難しい

実は銀行の実績計算はわかりづらいです

  • お客さんに成約してもらった商品ごとの実績計算の料率が違う
  • 成約した日から個人に実績にカウントされるまでの日数が思っていた以上に長い
  • 個人の実績としてカウントできるための条件が複数ある

とにかく営業実績の計算は複雑です。
本部が行う集計ですら間違っているケースが多々あります

そのため数字を細かく計算できるひとは銀行員に向いています。

銀行のノルマが気になりませんか?ノルマの量や仕組み、対象法を伝授!…

銀行ではお金の貸し借りは厳禁

銀行では行員同士のお金の貸し借りを発端とした問題が起こったことがあります。

そのため1円単位で割り勘ができる人はきっちりとしているケースが多いため

お金の貸し借りにシビアなケースが多いです。

それに加えて1円単位まで計算をすると銀行員として気持ちがすっきりします。
最近ではインターネットバンキングで1単位まで簡単に振り込みができます。
そのため実際に1円単位まで割り勘で計算をして飲み会の清算をするときもあります。

リサーチ力

もし家電商品を買いたいといった場合に
各メーカーが販売している家電製品の特徴や価格等をよくリサーチしたうえで購入する場合には
銀行員にそのスキルを活かすことができます。

金融業界全体で扱っている商品は星の数ほどあります。
銀行 証券会社 保険会社 信販会社で扱っている商品は
異なりますが最近では会社ごとの垣根がとても低くなっています。
そのため各会社で取り扱っている商品の内容を熟知して
メリットデメリットを把握できることは銀行員として大切なスキルになります。

コミュニケーションスキルが高い

誰とでも仲良くなれる人は銀行員として向いています
誰とでも仲良くなれるひとは
自然と友達が多くなり、友達から好かれます。
これは業務を行ううえで大変役に立ちます。

困ったときに助けてもらえる

どんなに仕事ができる営業マンでも
わからない分野があります。

例えば法人営業でお客さんが上場企業であったとしても
できる営業マンでも預金事務であったり個人の運用に関してはスペシャリストではありません。
そんなときにできる営業マンはその道のスペシャリストに助けを求めます。
自分では解決できない問題でも誰かに聞くと一瞬で問題が解決することが多々あります。
そのため誰とでも仲良くなれる人は銀行に向いています。

他人を助けられる心がある

上記の例とは逆に同僚や後輩から
助けを求められることがあります。
そういった状況で快く対応できる人は銀行員として向いています。
助けられた人はあなたに恩義を感じて
あなたが困ったときに必ずあなたを助けてくれます。

他人から嫌われる人は・・・

銀行の同期や同僚から嫌われる人は困っている状況に陥って際にとても困ります。
相談する相手もまた日々の業務追われています。
そんな中で好きでもない人から相談をされても
相手にされないケースもあります。

スポンサーリンク

プライドを捨てられる

銀行に入行すると大半の新入行員は

  • 宴会芸をやらされたり
  • 買い出しをさせられたり
  • 書類のコピーを任されたり

とやりたくないようなことや雑用を任されることが多いです。

そういった場合に
断ることなく引き受けることができることができる人が銀行に向いているケースが多いです

人をまとめるのがうまい人

人をまとめるのがうまい人は銀行員に向いています。
なぜなら、銀行に入行した当初は
ほとんどの人がひとりの担当者として業務を行います
しかし、数年後にはひとりの担当者から
他の担当者をまとめる立場になります。

支店長 次長 課長といった役職です。

こういった担当者をまとめられる役職につく場合には人をまとめる力が必要になります。

ひとりの担当者のときから

  • 後輩の面倒見がいい
  • 人から信頼されている

といった人は役職につきやすくなります。
そのため大学時代に部活の主将やサークルのリーダーをやっていた人は銀行でも重宝されます。

規則やルールの穴を見つけられる

これは一概に銀行員に向いているとは言えないですが
規則やルールで穴を見つけられることはメリットになることが多いです。

銀行で営業でも事務をやる場合でも必ず成績を付けられます。
その成績の付け方は本部の成績の付け方を決める部署が行っています。
その部署で働いている人たちも人間です。
そのため抜けている部分がたまにあります。
できる銀行員はその穴をついて実績を効率よく上げようとします。
結果として物事の規則やルールの人為的な穴を見つけられる人は
成績が多い人が多い傾向があります。

この方法でお客さんに商品を申し込んでもらったら

成績が倍になるということを考えられる人です。

 

ストレス耐性がある。くよくよしない性格

銀行で仕事をしているとストレスなことばかりです。

  • クレーマー的なお客さん
  • 銀行の細かい事務
  • 理不尽な上司からの命令
  • 長時間の会議

数えたらきりがありません
こういった面倒なことも適当に流せる人は
銀行員に向いています。

ひとつひとつにストレスを感じていると

鬱や胃潰瘍になります。

鬱になれば職場離脱。
胃潰瘍になれば体調不良のため業務を本来の力の100%をだせなくなります。
そのためくよくよしない性格は銀行員に向いています。

 

目次 1 銀行員として働く主に新人さんや新入行員、就活中の皆様へ1.0.1 出社時間は上司より早く!1.0.1.1 対策…

銀行に向いていない人

飲み会が嫌い

飲み会が嫌いだと苦労することが多いです。
基本的に飲み会に参加しないと干されます。
大半の行員は飲み会に参加することを面倒に感じています。
とはいえ、その大半の行員は飲み会に参加しています。
なぜなら周りの同僚や上司から嫌われて仕事が円滑に進まなくなると困るからです。
もちろん、仕事を円滑に進ませるためにといった理由以外にも
飲み会に参加する理由はありますが
多くの人がこの意見になります。

飲み会に参加しない人は飲み会が嫌いな人から疎まれます。

細かいことを気にしさなすぎる

細かいことを気にしない人でも銀行員として立派な方も多いですが
細かいことを気にしないとダメな銀行になるケースもとても多いです。

事務が苦手

銀行の手続きは本部が作成したマニュアルに則っておこないます。
もし自分の判断でマニュアルに反したことを行った場合には
間違った作業のリカバリーや本部への報告。自分自身の人事評価のマイナスに繋がります。
そのため細かいことを気にしない人は
銀行員として向いていないケースが多いです。

スポンサーリンク